日本の国歌「君が代」と外国の国歌との比較    

●日本の国歌「君が代」と外国の国歌との比較

 

外国の国歌は、戦争や血や敵などという戦闘的なイメージが多いです。

それに比べて、日本の国歌は、なんと平和な歌でしょう。

 

初代の天皇陛下より、代々の天皇陛下は、日本国民を愛し、
その幸せと日本国の発展とを祈って来られました。

 

それに対し、国民は、天皇を尊敬し、お慕い申し上げてきました。
だからこそ、2千年以上もの間、この関係は続いてきたのです。

 

それでは、諸外国(世界)の国家を見てみましょう。

 

【イギリスの国歌】

神の救いあれよ、我らが王に
幸と勝利に栄光あれ 栄えたまえ我らが王
幸と勝利に栄光あれ 栄えたまえ我らが王

 

【アメリカの国歌】

見よや 朝の薄明かりに 黄昏行くみそらにうかぶ我らが旗星条旗を
弾丸降る戦の庭に 頭上高く翻る堂々たる星条旗を
ああ我らが旗ある所 自由と勇気共にあり

 

【フランス国歌】

行け 祖国の国民 時こそいたれり 正義の我らに 旗は翻る 旗は翻る
聞かずや 野に山に 敵の叫ぶを 悪魔の如く 敵は血に飢えたり
立て国民 いざ鉾とれ 進め 進め 仇なす敵を葬らん

 

【イタリアの国歌】

勝利はいずこぞ、勝利は神、常にローマの手の内に
剣を取れ 命捧げん 国のため 剣を取れ

 

【ソ連の国歌】

自由の国 揺るがぬ国 永久に生きる我がロシア
諸人こぞり立てし国 栄光あれ ソヴィエト同盟
鍛えられし我が兵 攻めくる敵撃ち破り、
断固と守る貴き国 我が祖国に栄光あれ

 

【中華人民共和国】

立て 奴隷となるな 血と肉もて築かん良き国
我らが危機通り来ぬ 今こそ戦う時は来ぬ
立て立て 心合わせ敵に当たらん 進めよや 進めよや

 

【メキシコ】

メキシコの兵は雄々しく勇ましく 戦の庭に立ちて筒音とどろかし
平和を愛する友 勝ちとれや勝利を 永久に変わらぬ運命を神は与えたまう
攻めくる敵にあたり示せよその力を 守れよ国を友よ 勇ましき兵よ

 

【スイス】

祖国の山 自由の歌 うたいあげ、国のために、スイスのために 血を命を捧げなん
峰に生かしこの自由の古木を嵐吹けども揺るぎなく、年と共に栄行く

 

【カナダ】

おおカナダ 祖先の土地 戦地にも花は咲けり
剣を振るいて立てし手柄よ 歴史を彩るは輝く勲
貴き誓いは我らが国を守らん 我らが国を守らん

 

【キューバ】

進めよ我らがバヤメーセス 我らが祖国の守り
国の為に死するは永久に生きることよ
敵の侮り受け我らは生きるべきや
敵の叫び聞かずや 今こそ進めよや

 

参照:松下三郎氏「君が代」

 

関連商品

君が代 黒字 君が代 白字
0101011WH-B 0301011B-BK-B
商品一覧 商品一覧


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment