毎日新聞世論調査:「改憲賛成」65% :憲法改正    

 

毎日新聞世論調査:「改憲賛成」65%

2012年8月31日~9月2日、憲法に関する全国世論調査を面接方式で実施

 

憲法改正について

「賛成」は65%(△7ポイント:09年9月の面接調査:過去最高)

「反対」は27%(▽5ポイント)

 

憲法に関する各政党や候補者の考え方を

「国政選挙の投票の判断材料にする」71%

「判断材料にしない」25%

 

賛成派:年代別、性別

30・40代  72%
70代以上  57%
20代     61%
50・60代  64%

男性 賛成69% 反対26%
女性 賛成61% 反対27%

 

 

改憲の賛成理由を5者択一で回答

「時代に合っていない」           60%
「制定以来、一度も改正されていない」 17%▽
「米国から押しつけられた」          10%

 

 

改憲への反対理由

「改正するほどの積極的理由がない」     35%▽
「9条改正につながる恐れがある」       28%▽
「国民や政党の議論が尽くされていない」  21%

 

第1項で戦争放棄、第2項で戦力の不保持を定めた憲法9条について

憲法改正に賛成と答えた人のうち、憲法9条について

「何らかの改正が必要」72%

 

憲法改正賛成派:支持政党別

民主支持層  58%
自民支持層  68%
その他の政党 79%(日本維新の会等)

 

改憲賛成派、反対派全体
「何らかの改正が必要」   56%(前回48%)

「一切、改めるべきでない」 37%(前回43%)

 

 「改正が必要」と回答した人に「どのような改正が望ましいか」を4択で質問

新たな条項を付け加えるべきだ 46%
第2項だけを改めるべきだ     23%
1、2項とも改めるべきだ      20%
1項だけを改めるべきだ       8%

 

憲法9条について支持政党別にみると、

 

民主支持層
「改正が必要」          47%
「一切、改めるべきでない」  49%

 

自民党支持層
改正派 65%
慎重派 30%

 

無党派層
改正派 54%
慎重派 38%

 

日本と密接な関係にある国が武力攻撃を受けた時、日本が攻撃されていなくても、
日本への攻撃とみなして一緒に戦う「集団的自衛権」については、

「行使できないままでよい」  51%
「行使できるようにすべきだ」 43%(△18ポイント:01年調査)

 

関連記事

憲法改正が必要な理由その1:憲法第96条

憲法改正が必要な理由その2:日本国憲法前文

 

 ●関連商品

愛國心 玉音放送 國體護持 右ミシュラン 右ミシュラン2012 for the Right
0101012A-BK-B 0101020A-AS-W 0101500WH-F 0101901YL-B 0101010B-BK-B
商品一覧 商品一覧 商品一覧 商品一覧 商品一覧


1件のコメント »

  1. There’s definately a great deal to learn about this
    subject. I like all of the points you’ve made.

    Comment by irm chenove — 2016年12月28日 @ 7:35 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment