原発・脱原発(各政党の争点一覧)    

 

2030年までに原発ゼロにするために、原発分の電力を再生可能エネルギーで賄う場合、
電力料金が今の2倍になる政府試算が出ています。

 

原発は、各党とも減らす、やめる方向では一致しています。

 

ただ、これらの政党の中で、実際に原発を減らす・やめる方向で
実行できる政党はいくつあるのでしょうか?

 

たとえば、原発を即時ゼロにすると言っている共産党は、

原発を即時停止することで電気料金が大幅に上がり
夏の冷房、冬の暖房を付けられなくなり、命に直結する問題だということを
きちんと考えているんですかね。

 

他の政党に関しても、実際に原発を減らす、失くすための具体的な方法
実行力はないのに、人気取りのために、できもしないことを言っています。

 

唯一、自民党だけが、3年以内に今の原発について判断を決める。

と現実的な主張をしています。

 

各党とも脱原発では一致しています。

ただ、これらの政党の中で実際に原発を減らし、失くす実行力のある政党は
自民党だけだと思います。

 

 

具体的な方策、実行力あり

 

●自民党

エネルギーは生命に関わること。確実に代替エネルギーを得てから脱原発に移行していく。
そのために3年でまず再生可能エネルギーに投資
廃炉していくのにも技術者は必要だが、即時原発ゼロにすると技術者自体が失われる

 

●日本維新の会

20.30年で原発から自然エネルギーの切り替え
実行力100%の自信があるから原発ゼロとは言わない。
脱原発依存体制の構築

 

実行はできないが上記と組める可能性が高い派

 

●みんなの党

原発ゼロと経済成長の両立
徹底した規制緩和で新規参入を増やし電力自由化
携帯電話の規制緩和と同じで料金も下がり、サービスも向上

 

実行はできないが政策に関しては、上記と近い派

 

●国民新党

規制委員会で安全性を確認できれば再稼働

 

●新党日本

再稼働を行わない。10年かけて廃炉にしていく。

福島原発周辺を核の廃棄処分場にする。

 

●新党改革
すぐには無理だが原発に依存しない社会を作る

 

 

いい事だけ言って実行できない派

 

●民主党

2030年代原発稼働ゼロ
寿命が来たら廃炉にする40年運転制限制
新設、増設の禁止
規制委員会による安全性審査で再稼働

 

●公明党

原発の新規着工は認めない
原子力規制委員会で厳格な安全基準を作り再稼働

 

 

限りなく口先だけの実行できない派

 

●未来の党

事故が起きたら電気料金なんて言ってられない。
自然エネルギー利用のために蓄電池が必要

●共産党
即時原発ゼロ 今停止中の原発をそのまま廃炉

 

●社民党
再稼働反対、新増設反対

 

独自路線

 

●新党大地
シベリア、サハリンの天然ガスを利用

 

関連記事

争点は原発でも経済でもTPPでもない。実行力です。

TPPに関する各政党の争点一覧

尖閣問題に関する各政党の争点一覧

経済政策に関する各政党の争点一覧

 

日本は右傾化したのか?(第46回衆議院議員総選挙結果) 

第46回衆議院議員総選挙結果

争点は原発でも経済でもTPPでもない。実行力です。

右か左か?(第46回衆議院議員総選挙)

 

 

● 関連商品

右ミシュラン 右ミシュラン2012 オッス!オラ極右
0101500AS-F 0101501AS-B
Tシャツ Tシャツ Tシャツ



コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment