経済政策(各政党の争点一覧)    

経済政策についても、各政党、言ってることはいいことを言っています。

成長分野に投資する、内需を拡大する、競争力を高める。

そんなことは、誰でも思うことです。

ただ、その政策を実行できるかどうかが鍵です。

インフレになると給与が下がるとアホな主張をしている社民党などは論外として、

具体的な方策がある政党は、デフレ脱却、インフレターゲット
名目成長の成長率を主張している政党です。

 

いま、世界の中で日本だけが唯一、円高になっているのは、政治力が弱いからです。

世界の国々は、リーマンショック以来、通貨安政策を既に取っています。

逆の言い方をすれば、日本だけがまだ、この通貨安の切り札を保持している唯一の国です。

 

ただ、民間の力のみで、今までこの円高を乗り切ってきましたが
これ以上続けると、いくら日本の民間企業でも疲弊してしまいますので
そろそろ通貨安、金融緩和政策に舵を切らないとなりません。

 

 

デフレ脱却・インフレ派

 

●自民党
インフレターゲット2%に向けて金融緩和
事故のない安心できる生活インフラ、災害に対する公共投資

 

●みんなの党
デフレ脱却、積極財政、金融緩和による円安

 

 

実行力のある党と連立を組める可能性のある党

 

●日本維新の会
日本の競争力を高める。規制緩和して既得権益が守っている分野に新規参入できるようにする

 

 

実行はできないが経済政策に関しては、上記と近い派

 

●国民新党

無利子・非課税国債で、相続税を非課税にして、高齢者の資金を流通させる
郵貯資金を活用して低所得者の住宅ローン

 

●新党日本

無利子・非課税国債、非課税贈与による消費拡大

 

●新党改革

貿易で外からお金を稼ぐ
法人税の減税、規制緩和、金融緩和

 

 

いい事だけ言って実行できない派

 

●民主党
エネルギー環境分野、医療・介護・健康分野
農林漁業、中小企業を育てて経済を成長
(実行力がなかったのは、この3年で明らかです)

 

●日本未来の党
消費者側・需要側を刺激するニューディール、子育て応援
(特にこの党は、経済については大して何も考えていない、付け焼刃の感があります)

 

●公明党
補正予算で10年間で10兆円規模の経済対策
全国的な防災・減災

●共産党
消費税やめて内需増大
企業の内部留保を雇用。中小企業に還元

 

●社民党

格差是正のために個人消費の活性化、消費税増税の中止

 

独自路線

●新党大地

ロシアとの協力 サハリンから稚内にパイプラインを敷いて
北海道にエネルギーの備蓄基地を作り、北海道から日本全体にエネルギーを供給
これにより、雇用の創出を図る

 

関連記事

争点は原発でも経済でもTPPでもない。実行力です。

原発・脱原発問題に関する各政党の争点一覧

TPPに関する各政党の争点一覧

尖閣問題に関する各政党の争点一覧

 

日本は右傾化したのか?(第46回衆議院議員総選挙結果) 

第46回衆議院議員総選挙結果

争点は原発でも経済でもTPPでもない。実行力です。

右か左か?(第46回衆議院議員総選挙)

 

 

● 関連商品

右ミシュラン 右ミシュラン2012 オッス!オラ極右
0101500AS-F 0101501AS-B
Tシャツ Tシャツ Tシャツ



コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment