日本は右傾化したのか?(第46回衆議院議員総選挙結果)    

 

●日本は右傾化したのか?

 

今回の選挙で自民党が大勝したことにより、

韓国、中国を中心に日本は右傾化したとの批判的な報道をしております。

ちなみに他のアジア諸国を含む諸外国は、自民党政権を歓迎しております。

 

右傾化ということは、つまり、今までは左寄りだったということなんですが、

右とか左にはいろんな意味がありますが、

共産党の即時原発ゼロ、民主党などの領土問題を話し合いで解決する

などの政策に代表されるように、

左寄りの政策は、理想主義的な性格が強く 結果を出すことができません。

 

例えば、天下りや特殊法人の予算の私物化を正す、という方向では、

右(自民)も左(民主)も一致しています。

しかし、左は、官僚の政策を立案するという必要なプロフェッショナルな部分を 活用することができず、

結局、結果を出すことができないで終わります。

領土問題、日米安保(普天間の基地移設)、脱原発など 全てにおいてこの傾向が見られます。

 

では、なぜ、中韓が右(自民)を批判するかといいますと、

まず、結果を出すことができるような指導力のある政党だと、 自分たちの都合の良い方向に持っていけないからです。

左政党が政権を担っていれば、好き放題できるわけです。

 

領土問題、靖國参拝、歴史認識、従軍慰安婦問題など、

好き放題のことを言って圧力をかければ、日本人は折れてくれると思っています。

右が政権を取ると、きちんとルールに沿って交渉しなければならない という普通の状態になるのが嫌なわけです。

民主党みたいに何をするか読めない政権にも困っているとは思いますが。

 

そもそも、中韓は、日本よりもずっと右寄りです。 というかかなり危険な右翼化した国です。

だから、突然、尖閣は俺のものだ、とヤクザみたいな事を言いだし、

突然、日本の領土である竹島を占領してしまうわけです。

 

右翼国家に右と言われる筋合いはありませんので 中韓の日本の右傾化報道は、全く無視してOKです。

中韓の政治家、知識人も基本的にはムチャな事を言っているのは 本人たちもわかっているはずです。

 

自民は、右だ右だと言われることがありますが、

今回、ようやく左寄りから、少し右に寄って、真ん中に近くなっただけですので

中国や韓国と対決する方向に行くわけではありません。

 

集団的自衛権や憲法改正、靖國参拝に関しても、本来、文句を言われる筋合いは全くないのですが

きちんと、中韓と折り合いを付けながら、譲るべきことは譲り、

譲ってはいけないとこは譲らず、現実的に進めていくはずです。

 

これと同じことを理想主義の左の民主がやりますと、根回しをせずに、 真っ直ぐやってしまうので、

尖閣の国有化のように、 本来、反日暴動など起きなくてもいいような事で、事態が悪化します。

 

前回の民主党政権で完全に実感できたのですが、左がまともな実行力を持てるようになるには

あと10年以上かかると思います。

 

子ども手当、高速道路無料化、普天間最低でも県外移設、世界平和、領土を侵略されても話し合いで解決

などなど、いいことは言うんですが、全く実行力がない、かえって国益を損なっている状態です。

 

 

●総選挙の結果を受けた各国メディアの報道

 

今回の選挙結果を受けて、日本の報道では、日中韓の緊張が高まる というような報道が目立ちました。

しかし、実際の各国メディアの報道はどうなんでしょうか?

 

<日本の総選挙結果の報道:各国新聞見出し>

 

・アメリカ(ウォールストリートジャーナル)

 日本は新たなリーダーを選択 日本の新しい古いタカ(タカ派)

 

・イギリス(ガーディアン)

 タカ派のリーダー 日本で政権奪還 東シナ海の緊張高まる

 

・フランス(ル・モンド)

 日中危機高まる 日本が反中国への票決 中国を悩ませる日本の決断

 

・中国(人民日報)

日本の自民党、衆院選で圧勝 日本当局がゴタゴタをどう収拾するか注目

 

・台湾(自由時報)

中国の威嚇に不満 日本の政界が右カーブ 日本の株価、来年2ケタの大上昇

 

・インド(タイムズオブインディア)

インドの友人安倍が政権返り咲き 安倍の勝利で日印関係が発展

 

欧米メディアの報道が日中の緊張が高まる事に重点を置いているのに比べて、

中国の報道は、自民党が現在の状態を打開してくれることを期待しています。

 

中国の首脳と会った直後に尖閣を国有化してしまうような、ド素人政権が倒れて

ようやくまともに話ができる政権が誕生したことを期待している とのメッセージでしょう。

また、台湾、インドについても好意的な印象が持てます。

 

関連記事

第46回衆議院議員総選挙結果

争点は原発でも経済でもTPPでもない。実行力です。

右か左か?(第46回衆議院議員総選挙)

 

 

● 関連商品

右ミシュラン 右ミシュラン2012 オッス!オラ極右
0101500AS-F 0101501AS-B
Tシャツ Tシャツ Tシャツ


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment